六十四卦

↑

易では八卦(はっか/はっけ)が基本ではありますが8個では数が少なすぎてまともな占いができないので、普通、沢と山を重ねて沢山咸(右図)のようにした「大成卦(たいせいか, hexagram)」を使用します。大成卦は8個×8個=64個ありますが、この1つ1つにちゃんと名前が付いています。なお大成卦と区別する意味で八卦の方は小成卦と呼ぶ事もあります。

大成卦を構成する上の方の小成卦を上卦(upper trigram)または外卦(outer trigram)、下の方の卦を下卦(lower trigram)または内卦(inner trigram)といいます。沢山咸の場合は、沢(兌)が上卦、山(艮)が下卦です。

また卦を構成する各1本ずつの陰陽の線のことを爻(こう,xiao,line)といいますが、爻を数える順序は下からです。一番下にあるのが初爻(first line)、そのあと二爻(second line),三爻(third line).四爻(fourth liine), 五爻(fifth line),と昇っていき、一番上にあるのが上爻(last line)です。

六十四大成卦(64 hexagrams)の一覧


↑カーソルを卦の名前の上に持っていくと(スマホやタブレットの場合は上でタップすると)、その意味を↓に表示します。

↑
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから