支合・干合

このページでは十干や十二支の様々な相互関係を概説します。細かい意味は割愛します。この付近は初心者の内は「そのような話があったな」くらいに思っておけば良いです。

十干の干合

十干については干合が基本的です。各々の干合は次の五行に関わりがあります。
甲己 土
乙庚 金
丙辛 水
丁壬 木
戊癸 火

十二支の四合

十二支を3個目、3個目に結んでいったものです。
子卯午酉
丑辰未戌
寅巳申亥
という4つずつ3組の組合せができています。これらはお互いに引き合う関係です。

十二支の三合


これはとても重要な組み合わせです。十二支を4個目、4個目に結んでいったものですが、上に示すように3個ずつ4つの組ができ、それぞれ下のような名前が付いています。
申(生)子(旺)辰(墓) 三合水局
巳(生)酉(旺)丑(墓) 三合金局
寅(生)午(旺)戌(墓) 三合火局
亥(生)卯(旺)未(墓) 三合木局
できればこれだけでも覚えて下さい。

十二支の支合

支合とは、子と丑の中間、午と未の中間の所に線を引いて線対称に結びつけた支同士の関係です。反吟・六合ともいいます。各々が属す五行があり、それぞれ次のようになっています。

 子丑 土
 亥寅 木
 戌卯 火
 酉辰 金
 申巳 水
 未午 

十二支の支害

支害とは、卯と辰の中間、酉と戌の中間の所に線を引いて線対称に結びつけた支同士の関係です。

十二支の冲

十二支のちょうど反対側との組合せを冲といいます。対冲、六冲などと言うこともあります。陽支同士、陰支同士でぶつかりあう関係にあります。

十二支の支破

左記の関係を破といいます。

十二支の支刑

これはとても深い意味がある関係ですが、詳細はここでは述べません。
寅→巳・巳→申・申→寅 (輪刑)
丑→戌・戌→未・未→丑 (輪刑)
子→卯・卯→子 (朋刑)
辰と午と酉と亥は自分を刑します。(自刑)



(C)copyright ffortune.net 1995-2019 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから