←↑→ (14)いつもニコニコ現金払い
借金苦に陥られないための基本は。それは全て「今日もニコニコ現金払い」で
いくことです。幸いにも現在はそのためのシステムも多くなってきました。
デビットカードにより、借金を経由しなくても、直接口座から商品の代金を
キャッシュレスで支払えるようになりました。

高額商品を買う時に現金を大量に持ち歩くのは不用心でもありますし意志の弱い
人は持っているだけ使い切ってしまいがちです。クレジットカードを使うメリ
ットはその抑制だったのですが、クレジットカードは担保とする現金が存在し
なくても使用できるのが問題でした。そういう場合デビットは便利です。

またジャパンネット銀行やイーバンクなどのネット専業銀行の発達は、プロバ
イダの利用料やオンラインショッピングの代金をこれらのネット銀行でリアル
タイムに決済することができるようになってきています。

現在クレジットカードがないと不便なのは海外通販くらいでしょう。しかし
それもかなりの所が交渉すれば直接送金に応じてくれるようです。海外送金は
手数料が1000円ほどかかりますのでクレジットカード決済に比べれば割高には
なりますが、海外通販は年間そう何十件もするようなものではないでしょうから
それほどの不便は無いはずです。

借金をしてしまう最大の原因が高額商品の購入なのですが、それも「高いものは
お金をためて買う」というのを基本としましょう。クレジットで買って分割払い
などするのは、金利の分よけいに払っていることにもなります。たとえば48万円
のテレビを分割払いで24回払いで払うと、1回あたりの支払いは2万2000円くらい
になってしまいます。支払期間が長いほど、高額の利子を払うことになります。
48万円ものテレビを買おうと思う程度の人なら頑張れば半年か1年でその金額程度
の貯金はできるはずです。

先に商品を買ってからローンを払っていると苦しいですが、先に貯金して貯まっ
てから買う場合、満額たまった時のうれしさは格別のものがあります。新しい物
をすぐ買いたいという性質の人はいつでも買える程度の金額を貯蓄しておけば
よいでしょう。

全て現金払いでしようとしていると、お金の使い方自体がそもそも節約的になり
ます。クレジットで買うと5万円のカメラを買うのも6万円のカメラを買うのも
同じような気がしてしまうものですが、現金で買おうとすると、1万円札を実際
に財布から出して払う場合はもちろん、デビットで払う場合でも、お金の使い方
に慎重になり、似たような機能ならできるだけ安い金額で抑えたい気分になり
ます。これによる生活費節約効果はかなり大きなものです。クレジットカード
ベースで生活していた人が現金払いベースに移行すれば、だいたい2割は生活費
が節約できるでしょう。

また借金はしないぞという気持ちがあると、どうしても万一の時のために予備の
お金を確保しておく気持ちが生まれます。これは結果的に貯金を形成することに
なり、生活は安定するのです。

現金払い生活というのは、質素で天国的生活への入口です。
逆に地獄的生活への入口は、奢侈とリボ払いのカードです。

もう既にその地獄に片足突っ込んでしまっている人は、あまり大事にならない
うちに任意整理などで、きれいに債務を整理してしまって「ニコニコ現金生活」
に復帰した方が、より自分らしい生き方ができるようになるでしょう。特に家族
のいる人は、借金返済のために稼ぐのではなく、家族のために稼ぐべきだと発想
を切り替えるべきです。借金の総額が少ない内なら任意整理も随分楽に出来ます
し、任意整理なら債権者にもほとんど迷惑を掛けません。

弁護士に相談に行くのも、医者にかかるのと同じ感覚で良いでしょう。誰でも
身体が病気になったら病院に行って医者に診てもらいます。同様に自分の経済
状況が病気になったら法律事務所に行って弁護士に診てもらえばいいのです。
どこに行けばいいか見当もつかない人は病気の時に総合病院に行ってみる感覚
で、弁護士会の法律相談に行ってみるとよいでしょう。

自分で病気を治そうとして悪化させるのと同様に、自分でなんとかしようとして
状況を悪化させるのは、やはり良くない行動です。病気も自分が治らないと周囲
に迷惑を掛けますが、財務体質も悪化しすぎると周囲の人をしばしば不幸にします。


(2004-01-14)

←↑→ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから